太平洋航空博物館パールハーバー

エース・パイロット募集中。経験不要。

営業時間

毎日オープン
8:00amから5:00pmまで

ロケーション

格納庫37、フォード島
319 Lexington Boulevard,
Honolulu, HI 96818

ウェブサイト

PacificAviationMuseum.org

2006年12月に初めて一般公開されてから、太平洋航空博物館パールハーバーは2つの第二次世界大戦時の格納庫に収まっている航空機や展示物の数を増やし、着実な成長を遂げています。さらに2010年には世界最大の旅行口コミサイトであるトリップアドバイザー®で、航空関係のアトラクショントップ10にも選ばれました。

博物館へはフォード島へのシャトルを利用して行けます。又、このフォード島はパールハーバーの中間に位置し、元海軍航空基地でありアメリカ合衆国国定歴史建造物でもあります。フォード島のアイコン的存在である約48mもの管制塔から博物館の航空機コレクションが並ぶ第二次世界大戦時の格納庫に至るまで、ここではパールハーバー攻撃の痕跡が未だ鮮明に見ることが出来ます。

12月7日の出来事について詳しくまとめられた12分の映画をご覧になった後は、日本の零戦や元アメリカ大統領ジョージ・H・W・ブッシュによって操縦されたN2S-3ステアマンなどといった本物の第二次世界大戦時の航空機がある格納庫37の本館へご案内致します。 

年齢に関わらず博物館で人気の飛行シミュレーターはお勧めです。ぜひ操縦席へ乗り込み、ガダルカナルの空でスリル満点バーチャル空中戦に参加してみましょう。

ガイド付き飛行士ツアーでは、興味深い舞台裏の格納庫79で飛行機の改修作業まで見ることが出来ます。この復元格納庫は博物館に新しく加わったもので、いまだに現役の第二次世界大戦時の航空機復元工房でもあります。

又、格納庫79にはビンテージ航空機、例えば、ベルAH-1コブラ攻撃ヘリコプター、ソビエト連邦が開発したミグ15と「ミグアレイ・エグジビット」、F-14トムキャット、F-15イーグル、P-40ウォーホーク、「フライング・タイガー」の展示などといった最近のコレクションが増えてきています。

full site 詳細につきましては 太平洋航空博物館パールハーバーのウェブサイトをご覧下さい。