USSボーフィン潜水艦博物館公園

The Real "First Avenger."

営業時間

毎日オープン
7:00amから5:00pmまで

ロケーション

11 Arizona Memorial Drive
Honolulu, HI 96818

ウェブサイト

Bowfin.org

1941年12月7日の出来事から1年間後に着水した潜水艦USSボーフィンは“Pearl Harbor Avenger”とも呼ばれ、最終的にパールハーバーの現在停泊している場所に到着するまで9回にわたり敵陣視察に出航しました。

戦闘的で強力な顎を持ち怖い顔、鋭くとがった歯、猛烈な食欲をもった魚、まさに“ボーフィン”の名にふさわしいこの潜水艦は、第二次世界大戦中に敵国の潜水艦44隻ほどを沈め、恐るべき水中の“魔王”であることを証明しました。現在、ボーフィンはアメリカ合衆国国定歴史建造物でかつ博物館船となり、世界中から訪れる人々が第二次世界大戦時代の潜水艦での生活や、海外への任務がどのようであったのかを体験出来る場所になっています。

アリゾナ記念館から徒歩圏内にあるボーフィン潜水艦博物館の中は広々とした約930m²で、当時クルーを募集していた時のポスターから戦旗まで4,000以上にわたる潜水艦関連のものや、前方を見やすくカットし内部が全面的に見える“ポセイドンミサイル”などといったここでしか見れない展示物が満載です。

公園を散歩しながら日本の人間魚雷「回天」や司令塔、ボーフィンの現代版であり、太平洋艦隊の中でも最も多くの勲章を受けた第二次世界大戦時代の潜水艦の一つである“USSパーチー”の潜望鏡も見る事が出来ます。

毎年、何千人もの人々が同公園のウォーターフロント・メモリアルへ訪れ、第二次世界大戦で失われたアメリカの52の潜水艦、そして尊い命を失った潜水艦乗組員に敬意を払っています。